アンチエージング、グルメ、ライフスタイル

香港に押し寄せる中国化に限界を感じ帰国しました。

follow us in feedly

三浦半島 三崎港魚市場食堂

6月15日に雨が降っていましたが前日からの準備しておいたレンタカーも借りていたので、ドライブがてら釣りに行きました。

 

しかしながら横浜横須賀道路を走っていると雨、風が強くなる一方で心の中では釣りについては諦めていました。

目指すは城ヶ島と三崎港です。

城ヶ島に渡る橋を通るのに百円を支払い渡ってみました。

島には城ヶ島公園があって島の3分の1くらいの面積があります。

公園を見ようといってみましたが駐車場料金五百円と書かれていたので雨、風で長居もできないので駐車場入口で引き返し島の対岸にある三崎港へ移動しました。

 

車で島を一回りしましたが水揚げした魚を入れる倉庫、水産試験橋があるくらいで公園以外は特に目に付くものはないようでした。

 

三崎港はマグロの水揚げで有名なのでマグロ料理やさんが多くあります。

丁度昼時でしたので昼食をと思いうろうろ美味しそうな食堂を探してみました。

 

どこも観光客目当ての値段のたかそうなレストランばかりでしたが三崎魚市場に食堂があるのを見つけました。

場所は魚市場なので漁港に隣接していて無料駐車場も付いています。

食堂はちょっとわかりにくいのですが2Fの奥にあります。

f:id:dodojp:20190617091547j:image

大雨で外は閑散としていましたが中はほぼ満席で知る人ぞ知る知る食堂のようです。

f:id:dodojp:20190617091703j:image

その名も 三崎魚市場食堂です。

 

メニューにはマグロの顎焼き、マグロの刺身、カマスフライ、アジフライなどいろいろな海鮮料理があります。

その中でお勧めは本日の定食で、その日は焼き魚定食とフライ定食の2つがあり焼き魚定食を注文しました。

f:id:dodojp:20190617092220j:image

焼き魚はマグロのカマの焼いたもの、サザエ、マグロ、その他3種類くらいのお刺身でした。

お値段は1500円です。税込。

外の観光客向けの価格から比べればまだまともでしょうか?

f:id:dodojp:20190617092451j:image
f:id:dodojp:20190617092455j:image

魚市場の食堂なのでお刺身はとても新鮮で美味しかったです。

この食堂はとてもお勧めですので今度晴れた日に釣りに来たら是非、再度寄ってみます。

食事が終わったら手ぶらでは帰れないのでお土産でマグロ中とろの切り落とし1200円くらいだったか、とマグロのさつま揚げを買ってお土産にしました。

 

帰りは三浦半島の西側経由で鎌倉経由で釣り場を探しながら戻りました。

 

今度は是非、雨降りでない日にリベンジしてみます。