人生楽しく、よく食べ、よく遊び、そして減量

昨年の健康診断でデブ宣告を受け身体大改造を決意でも食べる楽しみはやめられません!!

follow us in feedly

ハノイ ロンビエン橋

f:id:dodojp:20170820073423j:image

ハノイにある歴史的なロンビエン橋(龍編橋)に行ってきました。

ロンビエン橋(ベトナム語: Cầu Long Biên )はハノイ市内のベトナム北部を流れる紅河(ホン川)にかかる全長1700mの鉄橋です。

この橋はフランスによる植民地時代にハイフォンとハノイを鉄道で結ぶ目的で建設されました。

フランスのダイデ&ピル (Dayde et Pille)社が建設工事を落札し、1899年に着工、3年後の1902年に竣工しました。ポール・ドゥメール総督の名をとり「ドゥメール橋」と命名され、当時としてはインドシナで最も大きく、最も美しい橋と言われていたようです。

f:id:dodojp:20170820074849j:image

構造は鉄骨によるトラス構造で、優美な曲線も併せ持ち、シルエットがエッフェル塔を横にしたようにも見えるとも言われていました。

f:id:dodojp:20170820075046j:image

f:id:dodojp:20170820075148j:image

 

ベトナム戦争中には米軍により繰り返し爆撃を受け破壊されながらも修復され、今日もなお利用されている橋です。橋中央付近の山形のデザインは破壊されたままになっています。ロンビエン(龍編)は、「龍が躍る」という意味です。鉄橋は中央に鉄道の線路と両側に歩道があり、バイクは通行できるようになっています。近年は、老朽化が問題になってきているための車とバイクが通行できましたが今はバイクのみになっています。

f:id:dodojp:20170820075228j:image

f:id:dodojp:20170820075441j:image

 パリのエッフェル塔を設計したギュスターヴ・エッフェルが設計したという説がありますが真相は不明のようです。

f:id:dodojp:20170820075506j:image

何処と無くエッフェル塔の雰囲気があるのは事実でした。f:id:dodojp:20170820075303j:image

f:id:dodojp:20170820075753j:image

夕方には沢山の人々の通勤の道として、憩いの場として利用されています。

 

歴史的なこの橋を大切に維持していただきたいですね。