旅行とグルメ

香港生活、返還後の変化にそろそろ限界を感じています。

follow us in feedly

コーヒーのある生活

f:id:dodojp:20180719062157j:image
f:id:dodojp:20180719062202j:image

最近考えてしまうのですが、コーヒーやスイーツなどは無くても生活は困りません。

シンプルライフで不必要をそぎ落としてきましたが、単純に全ての不必要を削いでしますと生活の彩りがなくなり生きている楽しみがなくなってしまいます。

 

生活の中の彩りでデザート、スイーツ、アルコールなど飲食の楽しみ、スポーツ、読書、音楽、映画などの趣味、そしてアロマなどの臭覚の楽しみが挙げられますがこれら全てを切り捨ててしまうと生きることの楽しみがなくなってしまいますね。

 

小生の場合はその中の1つがコーヒーです。

f:id:dodojp:20180719063208j:image

f:id:dodojp:20180719063417j:image

日本ではあまり感じませんがアメリカの朝、イギリスの鉄道の駅やビルのロビーにあるカフェから香るコーヒーの香りなど日常でコーヒーの香りを嗅ぐことは多々あります。

日本ではコンビニや自動販売機の普及で缶コーヒーや最近はペットボトルのコーヒーがあるためか香りがすることはカフェにでも行かない限りあまりないようです。

でも日本のスターバックスやタリーズ、ドトールではあまりコーヒーの香りがしないように感じます。

 

また先に挙げたカフェのコーヒーは価格も安くなく、味も良くないこと、そしてMacを持って居座っている方が多くてあまり行かなくてなりました。

最近は焙煎仕立ての豆を買って自宅でひいて、家の中にコーヒーの香りを充満させて楽しみながら飲むのが楽しくなっています。

カフェはコーヒーを楽しむより雰囲気と場所が楽しみですが昼間は子連れのママさん軍団が大声で井戸端会議、Mac軍団の長時間占拠で日本のカフェではとても雰囲気を楽しめる場所ではないですね。

 

なんか日本人は西洋人と比較してとても幼稚に思えてします。と、愚痴ばかりになってしまいましたが。

 

ハーブやコーヒーは香りを楽しみ、味を楽しみ、ととても生活に彩りを与えてくれて楽しみになっています。

 

美味しいコーヒーの探求が大変ですが。

f:id:dodojp:20180719065117j:image

ここのコーヒーと我が家のコーヒでは負けていないと思っています。