旅行とグルメ

香港生活、返還後の変化にそろそろ限界を感じています。

follow us in feedly

tablet タブレットについての考察

f:id:dodojp:20180627053718j:image

この写真は昨年購入したIpad proというもので、大きさはA4程度です。

ここに来て色々とガジェット機器が増えて整理が必要かなと思うようになりました。

IPad の現在の使い方としては、パソコンより手軽にweb検索とか、ちょっとした調べ物に使用をしています。だけども写真のキーボードをつけて本格的な作業はしようとは思いません。

これの他にiPad miniを所有していますがこちらの使い勝手は寝る前に寝そべってネットを検索する程度です。機能はWifiとSIMがさせるのでどこでもネットへの接続が可能です。でも実際は寝そべる時に使うことが大半です。うとうとしてると顔面に落下し痛い目にあう事が多々あります。

その他にはDell製のウルトラブックXPS13を使用しています。重量は確か1.4kgくらいで見かけほど軽くはありません。いくらW10でSSD搭載で起動が速いとはいえども立ち上げて使用するのは本格的な作業時の場合のみになってしまいます。理由としては立ち上がった後、ウイルスソフトのアップデート、そしてスキャン、そうこうしてるうちのW10のアップデートが始まり5ー10分程度の準備時間がかかってしまいます。これが立ち上げるのが億劫になる最大の理由かもしれませんね。Windowsと Nortonのアップデートのダウンロード、そしてインストールと続きますが、時によっては再起動まで要求されます。Windowsの場合はネットに繋いだ瞬間からウイルスが待ち受けているので省くことのできないイライラタイムですね。

そんな時はコーヒーでも入れてのんびり開始、といった具合です。

パソコンという視点ではOSアップデートとウイルスソフトの煩わしさからの解放という利点がMacにはありますね。

最後に携帯のスマートフォンです。

以前androidのSony、SamSungなどなどを使用し、平行でiPhoneを使用しています。iPhoneがなぜか使いごごちからメインとして手放せなくなっています。

Macを使用した時には色々な機能が電話と同期してメッセージなども受信んするとポップアップが出てきてとても便利だと思いました。

 

いつも考えて悩んでしまうのはiphoneなどのスマートフォン、IPad Proとmini,ウルトラブックの使い分け、立ち位置です。特にタブレットについては携帯も大型化してきていてタブレットをどのように使用するか?ですね。

極論ではスマートフォン 電話機能もあるので必需品で、機能としてはタブレットの全機能を網羅しています。違いは画面の大きさだけでは?

でもあったらあったでスマホよりも使い勝手が良いこともあり家の中では便利な時もありますね。

ですが必要性を感じることはあまりなく今後どうすべきか考えてしまっております。