人生楽しく、よく食べ、よく遊び、そして減量

昨年の健康診断でデブ宣告を受け身体大改造を決意でも食べる楽しみはやめられません!!

follow us in feedly

環境問題:中国人の環境に対する観念

日本はゴミがあまり落ちていないのが普通の光景です。

でもこれは街中でのことでちょっと郊外の道沿いなどには車から投げ捨てられたゴミが結構落ちています。

 

香港では、特にサーズ後の街にはゴミが相当減ったと思います。サーズ後の香港人の衛生観念は大きくて変わり街がとても綺麗になったと思います。

 

しかし香港には大勢の中国本土からの観光、移民などの流入がありその人々のマナーが香港人との違いが大きくあるようです。

文化レベル、教育レベルの大きな隔たりのせいでしょうか、本土の人々にはゴミを捨てることも良し悪しの観念は全くないようです。

本土に行きますとコンビニで食べ物を買った人はゴミを普通に路上に捨てています。また飲み終わったペットボトルも普通に捨てています。

山上りに行っても山の中はゴミが溢れているのが普通の光景です。

 

良し悪しの認識のない人々に幾ら話をしても理解することは到底できないので諦めるしかないようです。

この状況の改善は親が教育する知識がないのでその子供は知るすべもありませんので学校での教育に期待するしかしないですので長い時間がかかることは確実でしょう。

これは本土の中で収まってれば良いのですが今では多くの本土人が旅行などで移動しその場所で同様にその土地でマナー違反をするので許せない場面に度々出くわします。

f:id:dodojp:20170808070324j:image

これは中国本土の朝ですが夜明けでも空は大気汚染に覆われていました。ここで生活をしていると肺癌になってしまうのかな、と健康被害を恐れています。

 

自国内で済んでればまだ良いのですがPM2.5や黄砂のように他の地域や国に影響を及ぼしていますので考えさせられます。

 

f:id:dodojp:20170808064705j:image

これは香港のビクトリア湾ですが本土から流れ着いたと思われるかなりのゴミが浮いています。これを食べてしまう魚、鳥などの生態系の循環でいずれ人間へ跳ね返ってくるのでしょうね。

 

中国本土の人々が早く自分だけ良ければ良い、からステップアップし環境を考えるようになることを切実に願っています。道徳心などの文化レベル向上にはまだまだ時間を要するようですね。