人生楽しく、よく食べ、よく遊び、そして減量

昨年の健康診断でデブ宣告を受け身体大改造を決意でも食べる楽しみはやめられません!!

follow us in feedly

スロージューサー購入

香港の街角によくあるジュース屋さんをご存知でしょうか?

果物や野菜の単品は大体$10-15くらい、$20で2種類のミックスという感じです。お店は屋台に近いイメージで日本のデパ地下にあるフルーツジュース屋さんのように上品で衛生感など微塵もありません。ですが暑い日にはよく通りすがりにレモンとグレープフルーツなどの柑橘系ジュースを飲みます。オレンジはとても美味しいのですがちょっと甘いので避けています。

大体そのようなお店ではPanasonic製のジューサーミキサーを使用していますね。よく見ると削りカスの残骸がメズまりしていていつ最後に洗ったのか、分からない状態でジューサーを絞っています。

我が家にもその機械と同じものがあり家でもよくフルーツジュースを作っています。

今日本ではスロージューサーというものが販売されていて話題にもなっているとのことで調べたところ、時代の進化で従来の擦り砕くという方式から絞り出す方式に変わっているということ、それによりこれまでは高速回転の歯で果物や野菜を砕き破壊されていた栄養素や酵素、ビタミンが破壊されていましたが低速回転での圧縮する為に破壊されずにそのものを食べているのと同程度に吸収できる、とのことがわかり健康オタクとしては手を出さずに入れなくなりました。

 

主なメーカーはアメリカのヒューロム

f:id:dodojp:20170804171652j:image

これは芸能人がテレビ番組で使っているとか言って有名になったもので価格的に2万円後半のものです。

次に台湾資本になってしまったSharp製のHelsio

f:id:dodojp:20170804171930j:image

そして純日本の最大手家電メーカーPanasonic、

f:id:dodojp:20170804172018j:image

この2メーカーは実売価格は2万円前半と言ったところ、

そしてテスコムで1万円代のものです。

f:id:dodojp:20170804172142j:image

結論は日本メーカーのPanasonicを購入。本題のジュースは味については若干濃厚になったかな、くらいですが吸収されるビタミンなどが豊富であるということなので続けてみようと思っています。

 

 

ものを持たない身軽な生活>度重なる引っ越し

香港では持ち家でない限り賃貸という環境では常に家賃の高騰に悩まされ、幾度となく引っ越しをすることになります。

 

これまでの香港生活で度重なる経験した家賃の高騰は、

最初に‘97年のイギリスから中国への変換前にバブル経済に伴う家賃高騰、

その後は中国資本の流入による継続的な高騰に悩まされています。

 

香港での賃貸契約は2年契約になります。最初の1年は固定されていて家主、

借主ともに保証された期間になります。2年目は双方共に1か月前までの申し入れ

により借主が出ていく、それと日本では考えられませんが追い出されるシステムです。

 

どれと2年ごとの契約更新ではおおむね10%くらいの家賃引き上げが常識でしたが大家が経済状況が良いために追い出したいときには極端な値上げ150%-200%を言ってくることもあります。

そんな背景もありこれまでに引っ越しをした回数は5回にも及びます。

 

ポジティブにとらえますとよい機会を与えられいろいろな住む場所を経験できました。

最初に居住したのは九龍塘にある又一居(Parc Oasis)、その中で3度ほど、そして

今いるKennedy Townにある香港大学近くのマンションです。

ネガティブにとらえますと引っ越し貧乏で、引っ越しそのものの費用、そして家の広さが異なるので冷蔵庫、洗濯機など一般的には備え付けですが個人所有の家電、その他家具が入ったり、入らなかったりで相当の家具を処分してしまいました。

 

また、私物ですが当初はたくさん日本から待ってきたもの、買い足したものなどいろいろありました現在では服を含め家具以外でしたら衣装ケース5個くらいにしました。

引っ越しを重ねますと物を買うときに考えてしまうのと、香港では家が狭く収納スペースがないことでものを持つ、買う意欲がそがれてきてしまいます。

また、買うにあたってもできるだけ小さいもの、と考えるようにもなりました。

 

バブル時代を経験し当時はいろいろブランドものの洋服、靴、カバンなどをそろえてきていましたが今考えますとただの浪費だった、と反省をしております。

 

今になって分かったことはブランドの商品はその時代の最先端である、なくてはならないという特性から時を経ることにより時代遅れが際立って見えてしますということです。その時々で最先端に入れ替えればよいのでしょうが芸能人や、お金に糸目をつけないお金持ちの方々のものであり小生のような小市民が買うものでないと今は思っています。

 

今でも肩パット入りのジャケット、2タックのズボン、ダボっとしたシャツなど80-90年代の形の服を着用する中年の方が見受けられますが、当時高額で購入されたのだな、と理解できますが今それを着用しているのはちょっと違うななどど感じてしまいます。

 

これまで購入して着用していなかったGUCCI,FERRAGAMO,PRADAなどなどのブランド物の靴やかばんは全部処分してしまいました。特に靴は当時は定番だと思って買ったビットローファーなども時代の移り変わりでつま先の形状が微妙にかわったりしていましたので、今それを出してきてはいてもGUCCIだけどもちょっと違うような、なんてなってしまいますので当時大枚をはたいて購入しましたがすべて処分してしましました。

 

それでしたら安価なノーブランドのもので若干時代の流行を取り入れながらをこまめに入れ替えていったほうが清潔感もあってよいのではないかと自身の過去を振り返って観じております。

物を大切にするのは大変重要だと思いますが人前に出ていく身なりにはそのことはあまり当てはまらないのかな、って個人的には思っています。

 

物を持たないことにより生活の居住スペースを小さく、消費文化の現代において資源の浪費をなくし環境にやさしいと考えています。更に財布にもやさしい!!です。

 

 

 

 

 

匂い、臭いについて

毎年春先から夏にかけて感じることがあります。

記憶している限りで、東京では通りすがりの女性の残り香が色々して楽しみでした。通りすがりの美人の方がどのような香水をつけているのかな、など考えながら通勤や外出を楽しんでいました。もっと若かった高校生の頃は好きな女の子がどんなシャンプーなのかな、と後ろを歩きながらドキドキ胸を踊らせていたもんでした。

f:id:dodojp:20170802211539j:image

しかし、ですが香港にはその残り香に包まれることがまず無いので街を歩いていても楽しみがあまりありません。

今でこそセントラル地域の金融業にお勤めの若い子に最近は香水をつけている子が出てきはしましたが、東京ほど多く無いのと他のエリアではまずありません。香港人と対照的に西洋の方々はエチケットのように軽く香水をつけていらしゃる方々が大半です。

 

ここからは嫌な臭いです。

この時期洗濯物が乾かないのか雑巾のような、なんとも言えない鼻をつまみたくなるようなカビ臭い臭いをまき散らした人が大量発生してきます。流石に女性にはあまりいませんが男性に多く、後ろを歩いたり地下鉄で隣に座られた時などは最悪で逃げたくなります。

それと高温多湿な為か、汗臭い人が多くなり鼻を悩ませてくれます。香港が暑いのはよく分かりますが朝から臭いのでシャワーに入っていないかと思えて仕方ありません。朝晩入れ、と叫びたくなります。

 

日本では中年以降の独特な加齢臭、オヤジ臭で周囲15mに悪臭をばらまくオヤジが多いいのも事実ですが、あの匂いをさせたオッさんはなぜか香港にはあまりいないようですね。日本にいた時はあの匂いを朝から電車の中で嗅いで吐きたくなったものです。あれだけの臭いなのに家族の方はもう感じなくなってしまっているのでしょうかね?

 

あと最近気になるのは強烈な臭いを残す柔軟剤です。代表的なものはDownnyですがあの香りを強制的に長時間嗅がされても気持ち悪くなって吐きたくなります。

 

いつもこのような反面教師から学ばされて自分は気を付けなといけないな、周囲に不快感を与えてはいけないな、と言い聞かせています。

でもオヤジ臭が本人が分からないとしたら自分もか?と思うとゾッとします。

 

最近よく思うことは子供の頃の記憶です。

まだ小学生低学年の夏休みの暑い日によく水風呂に入り涼をとりました。当時はまだボディーシャンプーなどというものはなく固形石鹸で髪も体も洗っていました。その石鹸の香りです。

その後柔らかいフワフワのタオルに顔を埋めて二、三呼吸してから顔を拭いた時の気持ち良さと同時に感じた石鹸の香り。みなさん経験ありませんか?子供の頃の鮮明な香りの記憶が蘇ります。そう、今も昔も変わらなく売られている牛乳石鹸、赤でなく青箱です。

 f:id:dodojp:20170802212410j:image

箱にも記載されていますが変わらぬ優しさ、---変わらぬ香りです!!DOVEではありません。牛乳石鹸です。この香りを嗅ぐと子供の頃のあの夏の日を思い出します。

いつまでも変わらず末長く販売し続けていただきたいものです。

今日もこれで優しい香りに包まれシャワーに入りました。

現代の人工的な嫌な香りのない、とても肌にも優しく、嫌味のない自然な元祖石鹸の香りです。是非皆様にオススメです。

 

この時期匂いには気をつけ無いといけませんね。

 

緊張高まる世界情勢

f:id:dodojp:20170802154058j:image

最近のニュースを聞いていますとつくずく感じるのですが世界情勢がとても緊張していて一触即発の近いのでは、などと思えて仕方ありません。

f:id:dodojp:20170802154139j:image

日本韓国間には慰安婦問題、そして慰安婦像、竹島の領土問題、北朝鮮の核開発とミサイル発射実験。日本中国間の尖閣諸島の領土問題と中国船による領海侵入、韓国との間ではTHAAD問題、東南アジアでは南シナ海における中国の人工島と軍事基地建設、中国インド間での国境線の問題での両国軍によるにらみ合い、フィリピンのISIS問題、中東ではシリア問題、イスラエルのパレスチナ自治区、ヨーロッパではウクライナ問題。

f:id:dodojp:20170802155338j:image

f:id:dodojp:20170802155337j:image

イギリスの Brexit  EU離脱、アメリカのトランプ政権などなど考えたら世界の不安情勢にはきりがありません。

 

いったい世界はこれからどうなってゆくのだろうか?

 

 

Hong Kong 香港離島巡り

香港の領土は九龍(Kowloon),新界(New Territories),香港(Hong Kong Island)と大きな区分があります。その他には離島区と行政区分されている島々があります。よく知られているのは空港、Disney  Land,大仏があるランタオ島ですがその他には小さな島を含めると260はあると言われています。ちなみにランタオ島は香港島よりも大きな島なんです。

 

その他に小さな島々が点在していてデイトリップを楽しめます。メジャーな島にはセントラルのIFCの海側にあるフェリー乗り場からふらっとフェリーに乗っておおよそ1時間もあればどの島にも行けてしまいます。

f:id:dodojp:20170716203759j:image

MTRのセントラル駅から陸橋に登りIFCを通り過ぎ右手にこの観覧車を見ながら歩くとその先のはフェリー乗り場があります。

 

f:id:dodojp:20170716204018j:image

フェリーに乗り40分で到着するPeng Chau(坪洲)という島に行ってきました。海の向こうに見えるのは右の白い高層ビルは香港島の中環セントラルで中央辺りの黒っぽい高層ビルはKowloon Stationのあたりが見えています。

 

さあここから島巡りが始まります。

f:id:dodojp:20170716204847j:image

 とても静かで人も少なく落ち着く場所ですね。

f:id:dodojp:20170716204938j:image

 

この辺りは商店もありませんのでビーチでのんびりするのでしたら十分な飲み物を持参することが必要です。 

 

小さな島ですので一回りして見ます。

 

f:id:dodojp:20170716204405j:image

こちらではビーチで遊んでいる人もいるようです。

f:id:dodojp:20170716205310j:image

この辺りは人の手が加えられていないとてものんびり安らげるビーチです。

f:id:dodojp:20170716205434j:image

ちょっと丘の中に入って見ました。

取り立てて小さな島ですので何もないようです。

f:id:dodojp:20170716205552j:image

この木のアーチを抜けるとまた海です。

 

f:id:dodojp:20170716211350j:image

桟橋が見えてきました。桟橋の向こうには何やら養殖している生け簀のようなものが見えます。

f:id:dodojp:20170716211531j:image

 

更に先に進むとここがシークレットポイントで誰もいないプライベートビーチがあります。ここでしばらくお休みです。日頃、香港の街中で生活していますとひとひとに囲まれ、ビルの谷間を徘徊し時間に終われ落ち着く余裕などありませんが半日ここに来るだけで時間の止まった自分だけのプライベートにたっぷり浸れます。こんな場所を大切にしたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

香港によくあるプルメリア、ここは南国

プルメリアの花のイメージですがトロピカル、南国、ハワイ、レイなどが思い浮かびます。

 

f:id:dodojp:20170714055137j:image

白い花びらとその内側にある黄色い部分。なんとも言えず綺麗ですね。

プルメリアを見ていますととても気持ちが癒されてきますね。

ちなみに花言葉は「気品」「恵まれた人」「日だまり」「内気な乙女」だそうです。それぞれの言葉を納得です。

 

プルメリアについて少し調べて見ました。

科名:キョウチクトウ科
属名:インドソケイ属(プルメリア属)

Plumeria obtusa
キューバ、メキシコ原産。シンガポールなどの東南アジアやハワイなどで多く植栽されている。熱帯では常緑性だが低温にあうと落葉する。葉の先端は丸みを帯び、花は白色。

インドソケイ
Plumeria rubra
原産地はメキシコからエクアドルにかけてで、高さ10mほどになる大型の落葉種。花色は主に紅色で、多くの交配種がある。

 

どうやら南米が原産で今では多くの熱帯地方で栽培されているようです。

f:id:dodojp:20170714060450j:image

ここ香港でも公園などに植えられていて雨季の6月頃から夏中綺麗な花を見せてくれます。

最近ではイメージがわかないと思いますが中国にも沢山植えられていて中国にいても花だけを見ているとトロピカルな気分になってきます。

f:id:dodojp:20170714060917j:image

白い色の他にも濃いピンクの色をしたものも見ます。

f:id:dodojp:20170714061105j:image

f:id:dodojp:20170714061200j:image 

 

いやー、香港、中国にいながらにして気分はハワイ、リゾートですね。

普段の忙しい日常を過ごしている時に公園などに植えられているプルメリアを見ているとい一瞬の癒しになり、これまたリフレッシュできますね。

 

 

 

 

Hong Kong いつもの散歩コース2

昨日の散歩コースの続きです。

 

自宅からピークに向かいピークを1周して南西に向かいます。

 

f:id:dodojp:20170713085934j:image

f:id:dodojp:20170713090100j:image

香港島西側の海が見えます。

香港島の南側半分は北側の都会的な街からスタンリービーチを代表としたリゾート地に近い雰囲気を持った香港です。

海は当然ですが山々が連なりハイキングにはとても良いコースがたくさん整備あります。これもイギリス統治時代の名残りですね。

f:id:dodojp:20170713090732j:image

こんなお散歩コースが香港の街中から移動時間も殆どなく楽しめるなんてとても良いですよ。

でもこれから10月まではハイキングも暑すぎるのでちょっとお休みかな??

見た目はこれまでの良い香港とはさほど変化を感じませんが、

是非グルメ、買い物以外の香港もお楽しみください。