人生楽しく、よく食べ、よく遊び、そして減量

昨年の健康診断でデブ宣告を受け身体大改造を決意でも食べる楽しみはやめられません!!

follow us in feedly

コーヒーのある生活

f:id:dodojp:20180719062157j:image
f:id:dodojp:20180719062202j:image

最近考えてしまうのですが、コーヒーやスイーツなどは無くても生活は困りません。

シンプルライフで不必要をそぎ落としてきましたが、単純に全ての不必要を削いでしますと生活の彩りがなくなり生きている楽しみがなくなってしまいます。

 

生活の中の彩りでデザート、スイーツ、アルコールなど飲食の楽しみ、スポーツ、読書、音楽、映画などの趣味、そしてアロマなどの臭覚の楽しみが挙げられますがこれら全てを切り捨ててしまうと生きることの楽しみがなくなってしまいますね。

 

小生の場合はその中の1つがコーヒーです。

f:id:dodojp:20180719063208j:image

f:id:dodojp:20180719063417j:image

日本ではあまり感じませんがアメリカの朝、イギリスの鉄道の駅やビルのロビーにあるカフェから香るコーヒーの香りなど日常でコーヒーの香りを嗅ぐことは多々あります。

日本ではコンビニや自動販売機の普及で缶コーヒーや最近はペットボトルのコーヒーがあるためか香りがすることはカフェにでも行かない限りあまりないようです。

でも日本のスターバックスやタリーズ、ドトールではあまりコーヒーの香りがしないように感じます。

 

また先に挙げたカフェのコーヒーは価格も安くなく、味も良くないこと、そしてMacを持って居座っている方が多くてあまり行かなくてなりました。

最近は焙煎仕立ての豆を買って自宅でひいて、家の中にコーヒーの香りを充満させて楽しみながら飲むのが楽しくなっています。

カフェはコーヒーを楽しむより雰囲気と場所が楽しみですが昼間は子連れのママさん軍団が大声で井戸端会議、Mac軍団の長時間占拠で日本のカフェではとても雰囲気を楽しめる場所ではないですね。

 

なんか日本人は西洋人と比較してとても幼稚に思えてします。と、愚痴ばかりになってしまいましたが。

 

ハーブやコーヒーは香りを楽しみ、味を楽しみ、ととても生活に彩りを与えてくれて楽しみになっています。

 

美味しいコーヒーの探求が大変ですが。

f:id:dodojp:20180719065117j:image

ここのコーヒーと我が家のコーヒでは負けていないと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

ベランダハーブ 園 ハーブ タイムで料理

我が家のベランダハーブ園で育てているタイムとローズマリーがよく育っています。

 

今日はタイムが伸び放題になっているのを見かねて、少し刈り込みをして料理に使ってみようと思い魚を買いに行きました。

 

健康を考えオメガ3が豊富な青魚を食べてみようと思い探しました。

味はちょっと身がボロボロになってしまうのでパス、鯖は匂いがきついのでパス、ありました、コストパフォーマンスが良くて、健康に良くとても美味しいイワシです。これだ!ソテーに決まり。

すでにおろしてあって骨も取れているので小麦粉をまぶし、乾燥ハーブを振りかけ塩コショウ、そしてオリーブオイルでタイムを炒めて香りが出たらイワシです。

f:id:dodojp:20180716210012j:image

見よう見真似で作ってみました。付け合わせはズキーニがあったのでこちらもオリーブ油で炒め、彩が足りないのでトマトで赤色を、そして新玉ねぎを添えて出来上がり。

なんかレストランの料理っぽくなったかな?なんて満足してしまいました。

 

味はタイムの香りがほんのりしてイワシが高級食材になったみたいで、なんかレストランっぽく感じ、満足感いっぱいです。ハーブを料理にちょっと使うだけで全然違う美味しい料理になるのでハーブっていいですよね。

 

この料理はとても簡単、安い、そして健康に良し、ということで今後の病み付きになりそうです。でも自分でおろす必要があったらパスですね。イワシは骨が多くて面倒くさそうですから。

 

f:id:dodojp:20180716210552j:image

 

キッチンでタイムを切ったのでちょっと見たらかなり枝が多くなり剪定が必要かな?なんて思っています。剪定はまた後日ググってからにしてみます。

 

さー、次はラムを使ってローズマリーかな?少し考えて決めてみます。

 

そういえばこの間はカラスミのスパゲッティを作って彩に去年作った乾燥バジルを振りかけてこの時も満足でした。

 

やっぱり

ハーブのある生活はいいですね。

 

 

 

サプリメント 老化現象を減速させることができるか?

最近つくづく感じることがあります。

メンタル的には自分が30代、いやいや20代とそれほど変わらない、変わっていないと思っていても自分の姿、形を鏡の前で見た時に、あれれ、こんなに変わっってしまった、と感じることがあります。

自分としては認めたくないのですが第3者的視点で見た時には、やはり年相応に外観が劣化しているのは否定できない事実です。悔しいですが。

では古代より権力者が不老長寿の薬として残酷な、考えただけでも恐ろしい幼少の人間を使って色々なことをしていましたがそんなのは科学的根拠もなくただのおまじないでしかなかったことは、時を経た歴史が物語っています。

でも実はドラキュラのように永遠の命を持っていてカミングアウトしていないだけかも?

話は戻し、21世紀に生きる我々は現代医学:当然中国医学ではなく西洋医学です! 現代の科学を駆使したサプリメントがあります。

これまでにも色々なサプリメントを試しました。体の酸化防止剤としてコエンザイムQ10、ビタミンE、B2、カルシウム、açai、OMEGA3、セサミンなどなど色々と。

効果の自覚というと疑問に思うところがあるのですが考えて見ると即効性はないけど補給することで現場の維持、劣化を防ぐことには効果があるのかもしれませんがよくわからない、というところが本音でないかと思っています。

今回はちょっと別の視点でサプリメントを試しています。

老化現象として5感が鈍ることが挙げられますが、先ずは味覚についての若返りが目標

です。

子供の時分には味覚が今より格段にあったと思います。例えば子供の頃に豆腐が嫌いでした。なぜかと言うと豆腐の味がとても感じられこんな不味いものをよく食べるな、なんて思っていました。

それが今ではあまりというか殆ど味を感じることをなく食しています。

給食によく出てきて先生に無理矢理食べさせられたチーズも同じでよくこんな臭い食べ物を食べれるな、と思っていましたが今ではとても好きな食べ物に変化しています。

ゆで卵、あんなに硫黄臭いもの、給食で出た冷たくない牛乳、冷たいと匂わないのですが常温程度ではかなり匂っていたのを記憶しています。

しかし今では5感が鈍り子供の頃の臭覚、味覚を失っていることを感じています。そして色々と調べましたところ味覚を向上させるには亜鉛が良いとのことで早速、人体実験を開始です。

f:id:dodojp:20180628060153j:image

ドラッグストアへ行くとビタミンコーナーに置いてありました。今現在開始後2週間程度ですが若干食べ物の味がより感じられるようになったかと思います。これはただ注意して感じようとしているので、なのか微妙といえば微妙ですが?

ですが他のこれまでのサプリメントよりは効果を感じています。

 

それともう一つ、マグネシウムです。

こちらは精神安定のために開始しましたが副産物として通便の改善というおまけがついてきました。

腹8分目でやめられず満腹まで食べてしまう性格なのでいつもお腹が張っているような感覚がありましたがマグネシウムのお陰で改善できました。便秘気味の方にはおススメです。

まだまだ色々と医学的に老化現象の原則に効果のありそうなものを眉唾ものを排除して試してみます。

メガネ ブルーライトカット

この間家族が暗い部屋の中でパソコンを使っていました。

顔を見ると顔だけとても明るい液晶からの青白いライトに照らされていました。まるで撮影でライトを当てられているのかと思うくらいです。

ははー、これがブルーライトというものか、と理解できました。こんな光に毎日毎日パソコンに携帯と一日中起きている時間の大半は画面とにらめっこの生活です。

Faxや電話で仕事の連絡は今では全てメールでやり取りに変わっています。

手書きの書類も全てパソコンです。お陰で漢字を書くことがなくなったのでいざ書こうとすると書けなくなっていました。候補の中から選んで変換はしていますが書こうとするとかけない漢字が多くなっているのです。

話はブルーライトへ戻し、そんな訳で現在は平日は起きている時間はほとんどブルライトの照射を受けています。

最近目が乾燥してショボショボして涙が出てきて悩んでいました。とりあえずスカーとする目薬で何となく気持ちよくなった感でごまかしていました。

そんな時Jinsというメガネ店に行きましたらオプションで追い金を払うとブルーライトカットレンズにできることを知りました。

これまで度付きはないのかと思っていたらあったんですね。

標準でフレーム+レンズ5000円、追い金5000円でブルーライトカットレンズになります。レンズは3種類でカット率が違い、殆ど無色のカット率の低いタイプ、若干黄色かかったヘビーユザー用、夜寝る前用のカット率が高くてかなり黄色いレンズの3種類です。カット率は25%、38%、60%の3種類で真ん中を選びました。

待つこと1週間、その間ショボショボを我慢して使ってみました。

すごい!1日パソコンで仕事していても目が楽です。メガネ2個分の金額を払う価値は絶大です!パソコン、スマホで目を酷使している方には絶対おすすめです。

後、追い金15000円でバイレットというのもあり紫外線もカットするようです。合計2000円なので4個分になりますのでちょっと費用対効果で考えると、うーでしょうか?

あぶく銭が入ったら考えてみます。

 

追加5000円で合計1万円、目の言い方でしたらブルーライトカットメガネ5000円のみですので考える価値はあると思います。

f:id:dodojp:20180627212809j:image

手前がノーマルレンズ、真ん中はブルーライトカットレンズ 青く反射してますね、そして奥は紫外線を浴びると色が濃くなるサングラスタイプです。これは運転でトンネルに入った時色が抜けるまでちょっと暗く感じます。

 

メガネの価格も以前と違いお手頃ですので色々試せて楽しくなりましたね。

 

tablet タブレットについての考察

f:id:dodojp:20180627053718j:image

この写真は昨年購入したIpad proというもので、大きさはA4程度です。

ここに来て色々とガジェット機器が増えて整理が必要かなと思うようになりました。

IPad の現在の使い方としては、パソコンより手軽にweb検索とか、ちょっとした調べ物に使用をしています。だけども写真のキーボードをつけて本格的な作業はしようとは思いません。

これの他にiPad miniを所有していますがこちらの使い勝手は寝る前に寝そべってネットを検索する程度です。機能はWifiとSIMがさせるのでどこでもネットへの接続が可能です。でも実際は寝そべる時に使うことが大半です。うとうとしてると顔面に落下し痛い目にあう事が多々あります。

その他にはDell製のウルトラブックXPS13を使用しています。重量は確か1.4kgくらいで見かけほど軽くはありません。いくらW10でSSD搭載で起動が速いとはいえども立ち上げて使用するのは本格的な作業時の場合のみになってしまいます。理由としては立ち上がった後、ウイルスソフトのアップデート、そしてスキャン、そうこうしてるうちのW10のアップデートが始まり5ー10分程度の準備時間がかかってしまいます。これが立ち上げるのが億劫になる最大の理由かもしれませんね。Windowsと Nortonのアップデートのダウンロード、そしてインストールと続きますが、時によっては再起動まで要求されます。Windowsの場合はネットに繋いだ瞬間からウイルスが待ち受けているので省くことのできないイライラタイムですね。

そんな時はコーヒーでも入れてのんびり開始、といった具合です。

パソコンという視点ではOSアップデートとウイルスソフトの煩わしさからの解放という利点がMacにはありますね。

最後に携帯のスマートフォンです。

以前androidのSony、SamSungなどなどを使用し、平行でiPhoneを使用しています。iPhoneがなぜか使いごごちからメインとして手放せなくなっています。

Macを使用した時には色々な機能が電話と同期してメッセージなども受信んするとポップアップが出てきてとても便利だと思いました。

 

いつも考えて悩んでしまうのはiphoneなどのスマートフォン、IPad Proとmini,ウルトラブックの使い分け、立ち位置です。特にタブレットについては携帯も大型化してきていてタブレットをどのように使用するか?ですね。

極論ではスマートフォン 電話機能もあるので必需品で、機能としてはタブレットの全機能を網羅しています。違いは画面の大きさだけでは?

でもあったらあったでスマホよりも使い勝手が良いこともあり家の中では便利な時もありますね。

ですが必要性を感じることはあまりなく今後どうすべきか考えてしまっております。

 

 

WindowsかMacbookか?

f:id:dodojp:20180625221158j:image
f:id:dodojp:20180625221148j:image

ひょんなことからMacBook Airが私の元へやってきました。

これまでのパソコンは全てWindowsを使用してましたのでMacは初めてになります。

これまでにパートナーはMacBook Proを継続して使用しています。子供も中学校の指定でMac、そして高校の時にWindowsへ変更という経歴、多分これはゲームソフトが原因か、と思いますが本人曰く使い勝手の良さでWindowsへ移行したとのことです。

そんな環境で今回写真のMacBookAir 13インチ i7を入手したので使って見ました。

Webの閲覧は付属のソフトで問題ないようですが、仕事ができません。そのためMicrosoft office2016を購入し早速インストールして使ってみました。

結構関数機能を使うのですがWindows版と違い使い勝手が悪いようです。

どのように悪いかというと先ずは機能が少ない。またVlookupを使用したのですが値が合わないことがありました。やり方が悪いのかと思いWindowsのパソコンで同じ作業をしましたがこちらは何の問題なく集計ができました。なぜだろーか?わかりませんでした。数字が合わないと使えません!

ですがWindowsのウルトラブックと比較してとてもスタイリッシュ!

f:id:dodojp:20180625222759j:image

f:id:dodojp:20180625222833j:image
f:id:dodojp:20180625222804j:image

両方ともウルトラブックでCPUはi7 メモリは8GB、SSD 512GBと内容は満足のいくスペックです。

作業した時のサクサク感は互角といったところでしょうか。

スタイリッシュさでは断然リンゴの光るMacですね。カフェで広げている時にとてもカッコよく見えて憧れました。

使い勝手ではWindowsに慣れているので右クリックがないとイライラしてしまいます。

Macの方がそういう意味で操作が簡単かな、と思います。

液晶の性能はMacAirはRetina ではありませんので比較したDell XPS13との比較ではとてもざらつ、画素数の少なさが歴然です。

そんなことで仕事で使う分にはカッコとか言ってはいられませんのでやはりWindowsへ戻りまして、MacBookAirは早々2週間の使用で処分をしてしまいました。

機会があれば今度は最新のMacBook Proの薄くなったものをゲットしてもう一度使用してみようと思っています。

でもMicrosoft surfaceも欲しいな!

 

 

 

破壊的進化

香港、中国、日本の街の変化について非常に疑問に思ってしまいます。

f:id:dodojp:20180527201551j:image
f:id:dodojp:20180527201555j:image

この2つの写真はロンドンの地下鉄の改札です。

自動改札になっていますが建物は当時のままでチケット販売の窓口はそのまま残っています。壁のタイルも当時のままでとてもレトロな感じです。2つ目の写真には壁に時計がかかっていますがこの感じ、とても良い雰囲気ですね、

f:id:dodojp:20180527202221j:image
f:id:dodojp:20180527202216j:image
f:id:dodojp:20180527202226j:image

地下鉄の駅入口、通路、ホームです。

昔の雰囲気を大切に残していて、それでいて消して不便でもなく清潔感もありとても参考になります。

日本の地下鉄は今はオリンピックを控えて大々的の工事をしていて一番古い銀座線もリニューアルの工事をしていて全てが新しくなりつつあります。

この考え方は中国や香港でも同様で古いものを壊してしまい新しく建て替えてしまうやり方です。

f:id:dodojp:20180527202931j:image
f:id:dodojp:20180527202939j:image

ヨーロッパに行くと街並み、家々が中世そのものでタイムスリップした気分です。

香港政庁は世界中どこにでもあるような高層ビルに囲まれひっそりと佇んでいます。大切に維持してもらいたいですね。

f:id:dodojp:20180527203412j:image

日本も同様で歴史的な街並みはどんどん失われとても寂しく感じます。