人生楽しく、よく食べ、よく遊び、そして減量

昨年の健康診断でデブ宣告を受け身体大改造を決意でも食べる楽しみはやめられません!!

follow us in feedly

破壊的進化

香港、中国、日本の街の変化について非常に疑問に思ってしまいます。

f:id:dodojp:20180527201551j:image
f:id:dodojp:20180527201555j:image

この2つの写真はロンドンの地下鉄の改札です。

自動改札になっていますが建物は当時のままでチケット販売の窓口はそのまま残っています。壁のタイルも当時のままでとてもレトロな感じです。2つ目の写真には壁に時計がかかっていますがこの感じ、とても良い雰囲気ですね、

f:id:dodojp:20180527202221j:image
f:id:dodojp:20180527202216j:image
f:id:dodojp:20180527202226j:image

地下鉄の駅入口、通路、ホームです。

昔の雰囲気を大切に残していて、それでいて消して不便でもなく清潔感もありとても参考になります。

日本の地下鉄は今はオリンピックを控えて大々的の工事をしていて一番古い銀座線もリニューアルの工事をしていて全てが新しくなりつつあります。

この考え方は中国や香港でも同様で古いものを壊してしまい新しく建て替えてしまうやり方です。

f:id:dodojp:20180527202931j:image
f:id:dodojp:20180527202939j:image

ヨーロッパに行くと街並み、家々が中世そのものでタイムスリップした気分です。

香港政庁は世界中どこにでもあるような高層ビルに囲まれひっそりと佇んでいます。大切に維持してもらいたいですね。

f:id:dodojp:20180527203412j:image

日本も同様で歴史的な街並みはどんどん失われとても寂しく感じます。

 

 

 

 

ハーブのある生活

f:id:dodojp:20180527070754j:image

 

昨年はバジルと獅子唐を栽培し、結構食事を楽しむことができました。

スパゲティ、ピザなどに栽培したばかりのフレッシュなバジルをのせてそれだけで本格的な、レストランの様な味わいが楽しめました。

f:id:dodojp:20180527071649j:image

f:id:dodojp:20180527071524j:image

f:id:dodojp:20180527071724j:image


f:id:dodojp:20180527071528j:image

バジルは大収穫だったのでジェノベーゼのソースを作ったり乾燥バジルを作って今でも料理に振りかけて楽しんでいます。

ですがバジルも獅子唐も虫がつくので結構毎日の手入れが大変でした。

 

今年は何を栽培しようかと考えたときに条件として

1、虫がつかない

2、手入れが簡単

3、食いしん坊なので花より団子、食にできるもの

4、庭がないのでベランダ栽培が条件

で考えハーブに絞り、ローズマリーとタイムにしました。

f:id:dodojp:20180527072414j:image

f:id:dodojp:20180527072437j:image

これならば肉と魚の両方で楽しめるぞ、といった具合です。

栽培から数週間経過し、結構育ちました。ローズマリーは葉っぱを触るととても良い香りが手につき香りを楽しんでいます。

本当はラベンダーも植えたいのですが食事にはあまり使えないようなので部屋の香り用に機会があれば植えてみたいと思っていますが、先ずはこの2つ。

いい感じに成長したのでそろそろ料理に使ってみます。

セージも欲しいのですが種が見つかりません。何とかして見つけたいです。

 

さて、育ったハーブをつかって何にしようか、メニューを考えるだけでも楽しいですね。楽しみだな!

 

 

 

 

 

 

AIスピーカーでシンプルライフ オーディオを一新

f:id:dodojp:20180423114516j:image

 

久しぶりの更新です。

 

最近部屋の中にものが溢れていたので色々考えてしまいました。

 

部屋にあるものである程度の場所を占有しているものにオーディオがあります。

以前は大きければ良い音が出るなどと思い、とても大きなアンプ、CDプレーヤー、そしてとても大きなスピーカー、それとは別にテレビの周りにはAVアンプとサラウンドのスピーカーで5個などをおいていてました。そのためそれだけで場所を占有され、コード類でぐじゃぐじゃになっていたために家族には苦情を言われていました。

 

時代は移り変わり小さめのインターネットラジオが聞けるネットワークオーディオというものがあるのを見つけて導入して1年が経ちました。

f:id:dodojp:20180423111415j:image

f:id:dodojp:20180423111434j:image

これまでの別々だったCD、アンプなどの大きな箱が、本体とスピーカー2個で合計3つまでとなり、そしてダウンサイジングの結果、ある程度小スペース化ができある程度は満足でした。スピーカーはデンマークのメーカーDALI製のzenssor1という小さなスピーカーでそこそこの音の出て、とてもコストパフォーマンスも高く満足して使っていました。

最近ではそれでも箱が3つもあって邪魔に感じるようになってきました。

 

そんな時ネットを見ていたところ最近出てきたAIスピーカーというものが目に入りとても興味をそそられました。

スピーカーと言えどもAIが色々と仕事をしてくれるということです調べてみると多くの機能があることがわかりました。また、その機能は現在のシステムも網羅されていて更に大きさもたった1つの小さなスピーカーです。

何ができるかというと、

1、iPhoneのSiriのように色々と言葉で対応してくれる。

調べ物 例えば今日何日とか 、今何時など時刻、天気予報などなど。

2、設定を言葉でできる。例えば明日朝何時に起こして、と言えばアラームを設定してくれる、など。

3、ラジオのストリーミングをしてくれる。TuneInというソフトをつかってインターネットラジオも同様に聞けます。

BBCをかけて、などラジオとしても機能してくれます。

4、SPOTIFYで音楽が聴ける。なのでCDがいらなくなりました。

 

これだけでも機能としてはオーディオ以上で十分です。

 

以前は音楽を大きな音で聴くことがありましたが、さすがに今はなくなりましたので小さなスピーカーで十分満足で、

機能良し、そしてオーディオの占有スペースをなくすことができると考えました。

そんな訳でこれまでのネットワークオーディオとDALIのスピーカーを処分してAIスピーカーの物色を始めました。

候補はGoogle Home、Sony、JBL、Onkyoでした。

Google homeは小さいけどその為に音がイマイチ。オーディオの入れ替えなのである程度は音楽の聞けるものが欲しい!

JBLは現在お隣の国の資本となりどうもイマイチ、オンキョーはデザイン的にちょっと。SonyはGoogle homeと一緒のソフトでデザインもよし、時計もついてる、色も白で良し、音も良し、ということで早速Sonyに決めネットでポチりました。

f:id:dodojp:20180423113801j:image

 

置いたイメージは決して邪魔にならずにインテリアに溶け込むデザイン、家の中では十分な音です。

これからAPPLEの製品も出てくるでしょうからその時何がベストか、再考してみようと思っています。

 

これからOK、Googleの生活開始です。楽しくなってきました!

 

 

 

 

街の発展について、考えてしまいます。

いろいろな街を訪れると考えさせられてしまいます。

f:id:dodojp:20171003064752j:image

中国、香港、日本でもそうですが古い歴史的な建築物を破壊して、新たな近代的なとても綺麗な建物に建て替えることが多く見受けられます。

ヨーロッパでは古い建物の建て替えを法律で禁止していて歴史的な街並みを保っています。200、300年前に建てられた住宅でも外観はそのままに、内部は現代風に改装されて暮らしているので景観はとてもクラッシックな、中世の雰囲気をそのままに残した外観でとても魅力を感じます。

建て替えられて近代的な建物は世界中どこに行っても同じようでとても好きにはなれません。また、そのような街を訪れようとは思えません。

f:id:dodojp:20171003181952j:image

この家を見てください。童話に出て来るような家ですね。これらは1600年代に建てられ未だに大切に手入れされて住んでいる家です。

f:id:dodojp:20171003182241j:image

ですが中は

f:id:dodojp:20171003182340j:image

とても綺麗にして住んでいます。

f:id:dodojp:20171003182434j:image

近代的に建て替えられた住宅よりも、こんな街に是非住んでみたいですね。

f:id:dodojp:20171003182625j:image

今日本ではきたる東京オリンピックに向け東京では古い建築物、駅を破壊して建て替えが急ピッチで進んでいるようですが、多くの歴史が消え去るかと思うととても寂しくなってしまうこの頃です!

 

 

 

 

 

 

 

 

Fish & Chips 香港とイギリス

大好物の料理の一つ、イギリスの代表的な料理Fish & Chips フィッシュ アンド チップスを何回か食べてきました。

 

f:id:dodojp:20171002062512j:image

イギリスでは魚の大きさは大体30cmくらいだと思います。流石に大きいですね。

イギリス、オーストラリアやカナダの影響が大きい香港でも美味しいFish&Chipsが食べることができます。

その一つは家の近くにあるFish & Chickというレストランでフィッシュ アンド チップスの専門レストランでイギリスで食べるものと味に大差ありません。

 

これまで香港、オーストラリア、イギリス、日本で食べましたが日本以外はほぼ同じ味、同じ衣が使われていてとても美味しくたべれます。

日本で食べたものは衣がフリッターのようではなくパン粉が使われていたりして、サーモンフライやトンカツ、コロッケのようで、キレはこれで良いのでしょうが衣の違いで別ものに思えてしまいます。

香港とオーストラリアで食べるものはどちらも専門のレストランで、魚の種類も多く選ぶことができました。

イギリスでは魚の選択肢はありませんでした。

備え付けのチップスは香港、イギリスではグリーンピースとどちらかが選択できます。

f:id:dodojp:20171002062415j:image

ソースはイギリスではタルタルソース、香港、オーストラリアではお酢とタルタルソースと両方出てきました。

香港のサイズはイギリスとオーストラリアより一回り小さく20cmくらいの大きさです。個人的にはこのサイズの方が健康的に食べれて、合っていると思います。

今回はイギリスを味う為に黒ビールと一緒に食べてみましたがとても美味しく食べれました。

あー、完食してしまいお腹が破裂しそうです!

運動しないといけませんね!

正斗麺粥専家

 

f:id:dodojp:20170930054433j:image

香港に戻り早速行って来ました。お粥と麺のレストラン『正斗麺粥専家』です。

f:id:dodojp:20170925225736j:image

英語名はTasty Congee & Noodle Wantun shopです。

このレストランは要はワンタン麺屋さんで街中にあるものより清潔感もありワンタン、お粥の高級レストランといったところです。

f:id:dodojp:20170925230241j:image

今回はイギリス料理で脂っこい食事ばかりでしたので、久しぶりにお粥が食べたくなりこのレストランにしました。

場所はセントラルのIFC 2Fにあります。行った時間が午後3:00頃でしたので空いていましたが普段は30分以上は待たされ、やっと入れるくらいに混んでいます。

今回食べたのはminced fish ball congeeで魚のすり身団子が入ったもの、そして牛筋煮込みです。

f:id:dodojp:20170925231043j:image

 魚のすり身団子は日本のおでんみたいにしょっぱいこともなく魚の味が良くでていてとても美味しいです。

牛筋はとても柔らかく煮込まれたトロトロ、プリプリのコラーゲンたっぷり料理です。こちらも日本の牛筋煮込みのようにしょっぱいこともなくいくらでも食べてしまいます。是非試してみてください。

f:id:dodojp:20170925231534j:image

白いのがコラーゲンですね。見た目はあまり良きありませんが女性には特におすすめです。写真を見ているだけでよだれが🤤!

メニューです。

f:id:dodojp:20170925231752j:image

是非、香港にいらした際は寄ってみてはいかがでしょうか。

f:id:dodojp:20170925231931j:image

 

このレストランは空港、九龍駅、セントラルなどなどいろいろなところにあり、料理もお粥、麺類なのでとてもリーズナブルで本当におすすめです。

 

あー、いっぱい食べて満腹です!

 

 

 

 

 

 

 

今朝ロンドンの地下鉄で爆発

今朝のロンドンでは地下鉄で爆発があり街中がヘリコプターやパトカーが行き来してものものしい雰囲気です。

f:id:dodojp:20170916012038j:image

ロンドンではホテル、学校、銀行など諸手続きで地下鉄を頻繁に利用しているので困ったものです。

ただですらロンドンの地下鉄は故障が多くよく路線がストップしているので今日は尚更困ったものでした。

先ほどイギリスの警察庁のスコットランドヤードが発表したところでは、まだ十分な情報がないので電話番号を伝え提供を呼びかけていると会見していました。

でもイギリスの警察庁をなぜスコットランドヤードと言うのでしょうかね?

f:id:dodojp:20170916012834j:image